グローイングショット一覧

グローイングショットカラートリートメントの良い悪い!

グローイングショットカラートリートメントは、白髪染めだけじゃありません。髪のトリートメントも一緒にできてしまう一石二鳥の白髪染めです。

グローイングショットカラートリートメントの使用法もとっても簡単です。シャンプー後にタオルドライで水気をとり、そのままお風呂場でグローイングショットカラートリートメントを髪の毛全体に馴染ませます。

そのまま約5分放置するだけです。

ヘアカラーリングと同時にトリートメントまで完了して所要時間は10分以内です。

実際に私が使ってみて感じた、グローイングショットカラートリートメントの良いところと悪いところを詳しく見ていきましょう!購入するかしないかの判断材料にして頂けると嬉しいです♪

グローイングショットカラートリートメントの悪いところ

まずはグローイングショットカラートリートメントの悪いと感じたところです。

グローイングショットカラートリートメントを浴室で使う場合は問題ないのですが、洗面所で使用する場合は注意が必要です。

髪全体に馴染ませている時に、洗面所の周りのクロスに跳ねて色がついてしまう場合があります。壁紙についてしまうと、すぐに中性洗剤で拭き取らないとなかなか色が落とせない場合があります。

時間が経ってしまうと頑張って拭き取っても完全には落とせないようです。

ただ、基本的にグローイングショットカラートリートメントは浴室で使うと思います。

どうしても洗面所で使いたいけど、壁紙が汚れるのは嫌という方は、自宅での白髪染めは諦めた方が良いと思います。

実際は浴室で使用する場合がほとんどですので、それほど問題にはならないかなと思います。
あとは、特に悪いと感じたところはないですね。

グローイングショットカラートリートメントの良いところ

次はグローイングショットカラートリートメントの良いところです。

シャンプー後に、グローイングショットカラートリートメントを馴染ませて5分間放置するだけで白髪が染まるのはかなり楽ちんです。

今まで部分白髪染めなどを使っていたこともあるのですが、白髪があるところを鏡で見ながら塗るので、染めムラがないようにしっかり塗り込むと20分以上かかっていました。

また美容院で白髪染めをする場合は、美容院まで行く時間と白髪染めの時間を考えると、最低でも1時間以上はかかってしまいます。

グローイングショットカラートリートメントの時間節約効果はかなりおすすめですね!

また、美容院で白髪染めをしていた時は、1ヶ月から2ヶ月に1回ぐらいのペースで通っていたので費用的にかなり厳しかったです。

しかも、2週間もすると生え際白髪が気になってしまい、結局自分で部分染めをしたりと、お金も時間もかかっていました。

でも、グローイングショットカラートリートメントを使い初めてからはトリートメントする感覚で白髪染めできますので、時間的にかなり節約になります。

また、髪や頭皮に優しい成分でできていますので頻繁に使うことができます。私の場合は、大体1週間から2週間に2回のペースで使っています。そのため、生え際白髪が気になる前に白髪を染めるので生え際白髪も気にならなくなりました。

グローイングショットカラートリートメントを購入する前は、それほど期待していませんでした。

でも、実際に使ってみると使用中の指通りも良くて、翌朝の髪のまとまりも凄くよくなってました。白髪染めとトリートメント効果を実感したい方にはおすすめです!

 

妊娠中に使う場合は、より安全性に期待ができるルプルプがおすすめ!

ルプルプは妊婦でも使える?

 


グローイングショットカラートリートメントの使い方は簡単!

年齢を重ねると白髪が目立つようになります。白髪をカバーするために染色したいけれど、色を染める際1度で染まるのか不安を感じる場合もあるのではないでしょうか。

染色を行うことができる様々な商品が存在しますが、グローイングショットのカラートリートメントを使用すると一度で染めることができるため便利です。グローイングショットのカラートリートメントを使用すると、Wピグメント処方が効果を発揮するため、一度で染めることが可能です。

Wピグメント処方に関しては、大きさに違いがある2種類のピグメントが含まれており、浸透型のピグメントが髪の内部に入り発色することになります。もう一つのピグメントは吸着型ピグメントとなり、髪の表面をコーティングする効果があると考えて間違いありません。

コーティングも行いながら染色するため、1度で染色を行うことが可能となります。染色する際は、使い方が難しいのではないか、と躊躇してしまう場合もあるのではないでしょうか。グローイングショットのカラートリートメントは簡単に染めることができます。

染め方に関してはシャンプー後に使用することになりますが、髪の水分をタオル等で拭きとります。拭きとった後は、カラートリートメントを髪に全体に塗りつけて馴染ませると考えて間違いありません。

>>グローイングショットカラートリートメント

グローイングショットカラートリートメントの放置時間はたったの5分

馴染ませた後は5分程度時間をおく必要がありますが、しっかりと染めたい場合は更に時間をおくとよいです。5分程度時間が経過した後、色が出なくなるまでしっかりとすすぎ、タオルで水分を拭き取ります。

水分を拭き取った後はドライヤーで乾かすとよいですが、色が手に残る可能性もあります。色が気になる場合は、石鹸ですぐに洗うと色が落ちます。すぐに洗い流さず時間が経過した場合は、色が落ちなくなる場合もあるため注意する必要があります。色をつけることはできるけれど、髪が傷むのではないかと不安を感じる場合もあるのではないでしょうか。

髪の補修成分と美容成分が配合されており、ハリやコシを与えるため、安心して使用することができます。補修成分に関しては、トチャカエキスや14種類のアミノ酸、5種類のセラミドが含まれています。成分について美容成分の場合は、3種類の浸透型コラーゲンやオタネニンジン根エキスが配合されました。

美容成分や補修成分だけではなく、頭皮の環境をサポートする成分も含まれており、潤いを与えることができます。潤いを与える成分として具体的には、アマゾン川流域に自生するパウダルコの樹皮から抽出したパウダルコ樹皮エキスとなります。

頭皮の状態やハリも与えることができるため、使用することをお勧めします。