メリット一覧

マイナチュレカラートリートメントのメリットとデメリット!

マイナチュレカラートリートメントは、育毛剤でも人気のマイナチュレの白髪染めです。

今回は、マイナチュレカラートリートメントのメリットとデメリットについてわかりやすく解説していきます!

マイナチュレカラートリートメントのメリット

まずは、マイナチュレカラートリートメントのメリットについてご紹介していきます!
まず、マイちゅれは染まり方にとことんこだわった白髪染めです。

カラートリートメントは、商品の性質上1回では染まりにくいという特徴があります。
マイナチュレも薬剤を使用した白髪染めとは異なり、1回ではそこまでしっかり染まらないのですが、トリートメントタイプの白髪染めとしてはかなりしっかり染まると評判です。

染めムラも少なく、かなりキレイに色が付きます。また、肌に優しいといった特徴があるため、髪の毛や頭皮へダメージを与えるリスクもかなり少なくなっています。

マイナチュレカラートリートメントは無添加で、原料は植物由来の成分を中心に使用していますので安心です。

さらに、マイナチュレはトリートメントタイプの白髪染めですので白髪染めだけじゃなくオールインワンケアができます。

白髪染めやトリートメント効果は当然ですが、スカルプケアやエイジングケアまでできてしまう優れものなのです。

マイナチュレは30日間全額返金保証付き

マイナチュレカラートリートメントは、オールインワンケアなどかなりすぐれた効果を期待できるだけじゃありません。

さらに、購入する方にとって嬉しい特典「30日間全額返金保証」まで付いています。
何と1本全て使い切ってからでも、効果に満足できない場合や肌に合わないという場合は全額返金してもらえます。

なので、効果があるか不安、自分に合うかどうか不安という方でも気軽にお試しできます。

マイナチュレはアフターフォロー体制も万全です。購入後に専門家のサポートを受けることもできるみたいです。ぜひ有効活用して下さい。

マイナチュレカラートリートメントに悪いところはある?

マイナチュレカラートリートメントの良いところをご紹介してきましたが、悪いところはないのでしょうか?

どんな商品にも悪いところはあります。当然マイナチュレカラートリートメントにも悪いところはあります。

マイナチュレカラートリートメントは、基本的には口コミでの評価が高い商品なので、少数派ですが悪い口コミもあります。

例えば、「1度では満足できる染まり具合ではない」「洗い流すのに時間がかかる」という不満の声もあります。

「1度では満足できる染まり具合ではない」については、トリートメントタイプの白髪染めの特徴でもあります。美容室などでカラーリングする場合と比較すると1回の染まり具合は確かに悪いです。

ですが、マイナチュレカラートリートメントは、定期的に使用することで白髪染めとトリートメント効果を持続できるという特徴があります。

マイナチュレカラートリートメントを購入する場合、商品の特徴を理解した上で購入するようにして下さい。そうしないと、悪い口コミのような感想を持つことになってしまいます。

=>マイナチュレ白髪染め 口コミ

 


無添加・無香料だとどんなメリットがあるの?

シャンプーやトリートメントでよく無添加、無香料というフレーズを耳にします。

「くろめヘアカラー」も無添加、無香料が特徴です!

では、シャンプーやトリートメントなどに使用されている添加物にはどのような有害性があるのでしょうか?

ここでは代表的なものをあげてみたいと思います。

ソルビン酸

防カビ・防腐剤として食品にも使われています。皮膚・粘膜と刺激するので
アレルギーを誘発するだけでなく、発がん性物質にも変化します。

プロピレングリコール

保湿剤として使用。染色体異常、アレルギー、中枢神経への影響がある。

エデト酸塩

保存料として使われる。ぜんそく、発疹の原因となる。

パラベン

保存料として有名。アレルギー・皮膚障害。

合成香料

石油が主原料のものは、ホルモンバランスを崩す。
リモネン(オレンジの香り)βーフェニルエチルアルコール(バラの香り)
シトラール(レモンの香り)など。

これらを見るとわかるように、添加物は石油由来のものが多く、ごく少量であっても続けると
アレルギーや皮膚疾患、発がん、神経への影響など人体への影響があることがわかっています。

タール色素(合成色素青色●号など)を使うと色素沈着を起こし、シミになってしまうことも
報告されています。そのため、できるだけ無添加のものをというのは安心して使うためです。

天然のものを使ってきれいな肌や髪の毛を維持していきたいものです。

ただし、無添加とうたっていても石油由来の成分を使用している場合もよくあるので、
成分表示をよく見てから購入することが大事です。

見慣れない薬品のようなカタカナ表記の名前がのっているときは大体化学薬品のことが多いです。